2009年08月10日

人生の達人・高下正勝 ヒロシマ8月6日の行動

420s2_8061782.jpg

2009年8月6日。
原爆投下の日から数えて、64回目の夏がきた。

広島出身の僕にとって、『8月6日』という日は、子どもの頃から特別な思いがある。

今年も、朝8時15分、黙祷をしこの日、この時の事を思った。

高下正勝さん、76歳。
当時、高下さんは12才。今でいう中学校1年生だった。

実はウラハラ藝大・島本直尚PRODUCERのおじさんにあたる。

420s2_8061790.jpg

年々少なくなる、被爆体験者。戦争を知らない、僕たちの世代にとって今やれることは、こうやってしっかり記録していき、そして後世に伝えていくことだろうと思う。

高下正勝さんも、もしあと、10分、15分原爆投下が遅れていたら、爆心地のすぐ近くにいて命はなかったかもしれないといわれた。

1人1人違う被爆体験。それぞれの1日は、それぞれの記憶となって、忘れたくても忘れられないことだと思う。

420s_8061764.jpg

被爆体験(昭和20年8月6日の行動)

当時私は、県立広島商業学校の1年生で12才でした。学校は、皆実町の元広島県師範学校の2階建ての木造校舎を使っていました。

生徒数は、1年生だけで250人位いました。2年生以上の生徒は軍事物資の工場などに繰り出されていて、1年生だけが登校していました。8月からは登校しても授業ではなく、毎日竹屋町へ建物疎開作業に行っていました。被爆当日も、登校して2階の教室に、上着と弁当の入った下げ靴を置き、Tシャツに戦闘服、ゲートル、地下足袋の姿で運動場に出て、建物疎開作業に出かける前の朝礼の時間を待っていました。なかには棒を持って、生徒同士で悪ふざけをしながら走り回っていたり、いつもと同じ朝の光景でした。先生方はまだ職員室から出ておられなくて、生徒だけが朝礼隊形に並ぼうとしている時のことでした。

ピカッと突然の強烈な閃光と熱風に思わず両手で目と耳を塞ぎ、地面に伏せました。暫くして周りから、叫び声や足音が聞こえてくるようになり、立ち上がりましたが、辺り一面煙や砂ぼこりに被われて、視界が1・2メートル位しかありませんでした。足音がする方へ進むと何人かの生徒がある方向へ歩いており、運動場の端のコンクリート塀を乗り越えて外にでているのです。私も後を追いました。そのうちに次第に視界が開けてきました。

たまたま1人の先生と5・6人の生徒が一緒になり、先生の指示で避難のため比治山に登ることになりました。途中で気がつくと、全員顔や手などに大なり小なり火傷をしていました。私も友達に言われて、顔の左半分と胸に火傷をしており、戦闘服やズボンの一部が焼け焦げていることが分かりました。それまで感じなかった火傷の箇所が急に痛くなり、熱くなりました。

比治山に登ると兵隊さんから、すぐに防空壕へ避難するように命じられ、一行は1時間以上防空壕の中で座ったまま避難していました。避難している最中に、急に夕立のような雨が降ってきました。それが後から分かった黒い雨だったようです。

雨も止んで、一行は防空壕からやっと出ることが許され、広島市内を展望できる所へいきました。見下ろすと市内の家屋は崩壊し、多くの火災が発生しており、黒い煙が上空を被っていました。周囲の山々も数カ所から火の手が上がっていました。私たちの学校も完全に倒壊しているのが、眼下に見えました。後から気がついたのですが、倒壊した2階の教室に置いていた上着のポケットには、芸備線の定期券や財布も入れていましたが、どうすることもできませんでした。

420s_8061742.jpg

その後、家に帰る方向が違うため、一行と別れて一人で東側から下山しました。段原町から東雲町に行き、偶然、道具小屋の日陰に座り込んでいる同級生と出会いました。その同級生も顔に火傷をしていました。可部から通っている生徒でした。その間に何回も空襲警報や警戒警報のサイレンが聞こえ、近くのきび畑の中に横になって避難したりしていました。昼食もとれないまま、疲れもあって、そこで2・3時間は寝たりして過ごしました。

彼は可部線、私は芸備線と帰る方向が違っていましたが、彼が広島駅まで一緒につきあってくれるということになり、宇品線の鉄橋を渡ったりして、猿猴橋通りにでましたが、途中で異様な異臭が漂っていて、家は焼失しており、市内電車が焼けて鉄筋だけになっていました。目指す広島駅は物凄い炎を上げて燃えており、客車や貨物列車も炎上していました。

私は芸備線で帰るのを諦め、彼と一緒に可部線に乗って帰ることにし、横川駅を目指して線路沿いに歩きました。

途中で女の人の黒焦げ死体をみました。辺りの家々は焼失しており、横川駅も大火災でした。仕方なく、歩いて帰るしかないと言いながら、可部線沿いに歩きました。2つ目の駅の長束で電車が止まっていました。時刻は既に夕方の7時頃でした。可部までの折り返し運転をしていて、午後8時に出発するとの事でした。駅の近辺で約1時間待って発車前の電車に乗りましたが、車内で私たちの前に来られた女性からむすびを一つずつ貰いました。昼食も食べられなくて空腹のまま歩き回った後だけに、よけいありがたく、いつまでも忘れられない思い出になっています。電車は可部の1つ前の中島駅で彼と別れて下車し、真っ暗い夜道を約30分歩いて、午後9時頃やっと深川の我が家に辿り着きました。帰宅が遅くなり、家族全員が大変心配して待っていたようです。

420s_8061747.jpg


大きな地図で見る

420s_8061748.jpg

貴重な被爆体験を僕たち2人にしてくださった。

この日の事を話されない方も多い。それは、その日がどれだけ悲惨だったのか、その方々の気持ちを考えるとそうだろう。

僕たちが、おじいさん、おばあさんになったとき、今のこの時代を楽しく語れるそんな日々にしていかないといけないなと思う。高下さんのように被爆体験を語ってくださる事、この惨劇を二度と繰り返してはならない為の教えがたくさん詰まっていた。

====================

420s_8061707.jpg

1年半前、広島に一緒に訪れたピアース夫婦の事も思い出した。

『Terrible』

夫婦が言った、その言葉が本当だった64年前。

今の広島の街は、ほんと気持ちの良い風がとおる街、素敵な街になった。

420s_8061705.jpg

そしてこの場をかりて、1冊の本をご紹介したい。

広島・長崎議定書を分かりやすく、絵本に仕上げたものが発行された。

YES!
HIROSHIMA NAGASAKI GITEISHO
〜ヒロシマ・ナガサキ議定書を読む絵本〜

http://yesehon.exblog.jp/

420_8088885.jpg

420_8051674.jpg

今回は、この活動、また絵本のアートディレクターである、納島克宗さんのオフィスにも伺い、お話をしました。

納島克宗さんのページはこちらから

☆広島、長崎の事、原爆の事、戦争の事、そしては私たちのこれからの将来の事を考えるいいきっかけになればいいなと思います。
posted by seo at 04:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 人生の達人

2009年01月12日

負けたらあかん。ライカ専門店 社長・平野芳子

人生の達人/VOL.3

up_1055399.jpgdown_1055399.jpg

ライカ愛好家の母がいると聞いて大阪・心斎橋に向かった。有名無名写真家から、各界の著名人まで、ライカ愛好家が訪れる信頼のライカ専門店
株式会社サンエス代表取締役 平野芳子さん だ。
『まけたらあかん!』その言葉に僕は背筋がピンとのびる思いがした。まだまだ現役でライカの素晴らしさを伝えている平野社長。優しい言葉のふしぶしには強いこだわりが取り巻いていた。

up_1055422.jpgdown_1055422.jpg

そうねえ、ライカのきっかけねえ、最初はね、ライカを知らなかったんですけどね。ライカがすごいっていうのがだんだん分かってきて。最初にライカで写しておられる方の写真をみて、ライカはすごいなあっていうのがわかりましてね。

戦後60、2、3年たっているでしょう。ライカが戦前からあって、あの古いのね(ショーケースのライカに指をさしながら)、できてから80年たっています。戦前で20年近くでていたんですね。

その時はそんなにたくさんの人が、お値段が高いからね。そんなにたくさんの人が持ってなかったんですけど、たのしいに、それで過ごしてはる関西でいうたら旦那さんがたね。

旦那さんがたが寄り合って、ライカを持って、他にはローライとかあったんですけどね、ライカが一番小型で35mmの原点やないですか。ですから小型で良く写るってことでライカを持つ人が多なったんですよね。それ以前は木製の大きなカメラね。あんなんばっかりだったんでしょう。

戦争にとにかくライカが活躍した、持ってる方がそれを聞いて実際に見せていただいて、ほーっと思ったんですね。その辺がきっかけです。それで私は戦後はファッションの世界にね。ね、暗い時代を過ごしてきたから。その華やかな時代がほしくって。洋裁の学校に行ってたしね。それがばあーと広がって華やかな時代になったんですよ。

そしたら、そのときにやっぱりモデルさんに着せて、写している人がやっぱりライカを持っていてね。そのときもほーっと思ってねえ。で、まあ興味を持ったんですけどね。持つんだったら、やっぱり一番いいのね、洋服でもそうですよね。

なんでも一番いいのを知らないといけないからね。そんな世界におったからねえ。ライカは70年前のだっても今も使えるんですもんね。

up_1055407.jpgdown_1055407.jpg

戦後60年たって、他メーカーも同じかっこでカメラつくりましたけど、ライカが今も生きてる、その時代のままのデザインですよ。ちょっとおっきくなったかなっていったもんで、まったくデザイン変わってないんですよね。

たいしたもんですねえ。それにも感銘しましたね。番号がね一番からずうっと通しナンバーなんですよね。

型が違いますけどね、番号はずうっと追い番なんですよね。でね、いまでねえ、ボデェが300万くらいですわ。それでねレンズがね、広角とか望遠とかありますけどね、それ全部おんなじ番号ないですからね。400万台ですね。まだ400万台ですよ。だから、いかに少ないかね、だから精密にいかに作っているかってことでしょうね。

日本人はいいものをいっぱい残しています。でもカメラだけはそういうのないからねえ。やっぱりライカ社には負けますね。そっからはじめってんですからね。

up_1055425.jpgdown_1055425.jpg

戦後からですからね、だから昭和27年からですからね。えっ?歳はいっちゃあ、駄目ですよ。私働いてるから若う見えるだけでね、ほんとは歳いってるんですよ。

まあ、言いますけど、昭和の年と一緒(笑)分かるでしょ。

戦後ね、我々女性は着るものも強いられていたから、華やかんがほしかって、でいち早くね、で洋裁ね、一番華やかなのやっていたからね、でそこでねやっぱりライカが活躍したんですよね。だから35mm伴のカメラで大判に匹敵する写真が撮れるってすごいですよ。

ライカはねだんだん年、年数がたってくるたびにレンズがいいって分かってきましたね。だから奥深いですよ。そのときそのときの特色もあってね、この時のレンズはこういうふうに写るなってそんなものも面白いですよ。だからライカにはまってしまうお客さんがいるのはそういうことなんでしょうね。そりゃあ、こんな話し聞いたらみせられますでしょ(笑)

up_1055383.jpgdown_1055383.jpg

お商売のこだわりですか?そうですねえ、若い方を支持してますね。みなさん、そのとき若かった方なんてね、今や偉うなってますよ。そうですね、高校から来ていたりとかね、わざわざ遠くからね。本当に有名なってる人多いんですよね。みな、好きなんですね。写真好きなんですね ライカ以外だったら写真が嫌になってたかもしれませんよね。

でね、学生でいらしてね、お金たりないんだけどなあってね、でもいいよおってね。また次あったときでいいからってね。そういうね、接し方をしてきた人が何人かいますね。そういう人はね、やっぱり好きなんですよね。おつきあいですよ。おばちゃーんって、来てた人なんかも今はもう大先生なんかになっておられますけどね。

若い方がそう熱心にね、ほしそうにとか、使いたいとかね、これをお使いなさいってね、若い人だからこれからですからね、それはいつでも頭にあることですけどね。なんでもそうだけど、写真だけではなくてね、そりゃいいことだと自分で思ってますよね。

まあライカで良かったかなあとかね、最終的にはこれでね、他にもやってたことあったんですけどね、もったいないって言われた事もあったんですけどね、この世界に入ったら ここでは、私は一所懸命です。他の事考えてません。

負けては駄目。そう自分のこだわりにね。そうでしょ、なんでも。それに勝たなきゃ、しんどいとか、体がえらいとか、こんなの辛気くさいとか、そんなん思てたらできませんからね。みなさんに喜んでいただいたら、なんか良かったなあってね、いいものを商売させていただいているなあって一番思いますね。

せっかくお商売してんのに、なんや三流くらいの、やっぱりそこから入った方、不幸やと思いますよ、私は。いいものをやっぱり宣伝して、させていただいている事けっこうやと思います。だからみなさんもいいものをみつけられたらいいですよね。

負けたらあかん。

一所懸命生きているほうが、でしょ、夢中になっていきてるほうが、いいじゃないですか、私はまわりの子どもらにいうんですけどね、なんでも一個だけ、一番になってみなさいって。学年の中でも真ん中にいたらね、人生真ん中だけよって。だから一つだけ覚えたらね、何もえろならなくてもね、いいから。これでやっぱ上に立ついうことはいいことだってね、一つだけでいいからね。

だからライカでもそうでしょ。いいものが身につく。いいものを見る目が養われるっていうね。ねえ、人よりも豊じゃないですか。うちらこういったカメラ売ってますけどね、でもねよかったなあって思うのはね、誰にも負けないカメラって事でしょ。

この間もね、ライカの社長さん来られました。(ドイツ本社より)ここみにね。今の社長さんはね、努力家なんです。だから新しいもんもどんどん作って、いきますーいわれていましたから、いい事やなって思います。
posted by seo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の達人

2008年10月19日

人生の達人・山田直行氏 木の魅力を語る

up_A186560.jpgdown_A186560.jpg

東京ミッドタウンで行なわれた、木づかいフォーラム 2008
東京FMの公開生放送で、人生の達人・山田直行氏を発見。

up_A186535.jpgdown_A186535.jpg

そしてワークショップも開かれ、多くのこどもたちが木を使って手を動かしました。

up_A186567.jpgdown_A186567.jpg

木の魅力にとりつかれたウラ藝人生の達人の活動には、これからの時代だからこそ、目が離せませんね!

山田氏の夢、木でつくる手作りの船で世界を航海!
その日が待ち遠しいです。

up_A186569.jpgdown_A186569.jpg

posted by seo at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の達人

2008年08月06日

彫刻家 山田直行・世界一周へ向けて

人生の達人/VOL.2

up_7242715.jpg
down_7242715.jpg

私は彫刻家です。

何でもつかいます。木、紙、石なんでも使いますよ。

★彫刻家であり名栗カヌー工房で理事長をつとめる・山田直行氏に話をきいた。
http://naguri-canoe.com/

up_7242890.jpg
down_7242890.jpg

カヌー工房をやろうと思ったきかっけは、ここ名栗(埼玉県・飯能市)に引っ越してきたことがきっかけかな。カヌーつくってくれているところを新聞社のカメラマンがたまたま取材してくれてね、そっからいろいろ広まったよね。

林業でなにかできないかってことでね、名栗村(当時)も考えていたんだけど。当時の名栗の村長がこれまたたまたまカヌー作っているところみててね。そんな経緯でいろいろあってここも発足したよ。

昔はね、テレビの子供番組で美術のお仕事してたんですけどね。
それが一番の収入だったかな。

北海道・旭川から上京してきて、藝大目指してね。優秀だったんですよ、私も友達も。でも優秀だったけど僕ら藝大にはいれなかったんだけどね。それでテレビの仕事にね。

当時、絵画教室やってたんだけど、子供番組のTVに出演したことがあって、『彫刻のおじさん』やってたんだが、でたときは8人だった生徒が、40人に広がったね。メディアの力はすごいね!

その頃とか、マンションで作品を作ってたんですよ。カヌーもね。

玄関からでないからね 窓からだしたりしてね。
コンプレッサーも使って絵なんかも描いてね。

マンションの1室でカヌーつくってたら限界あるでしょ。で、いろいろなタイミングもあり、ここ名栗に引っ越してきたんです。

up_7241292.jpg
down_7241292.jpg

up_7242920.jpg
down_7242920.jpg
※日本一大きいカヌー(白のカヌー)

up_7242734.jpg
down_7242734.jpg

彫刻の魅力って、4次元の世界なんですよね。
こっちからみるのと、3次元立体だけではなくて、時間がはいっているっていうかね。つくるプロセスなんかもはいっているからね。

カヌーの魅力はね、やっぱり自然とちかづけることかな(笑)
なんてね。でもね、そんな事よりやっぱり、形っていうかね。
フォルムだね。そのフォルムに魅力を感じるよ。

航空機からきてんだよね。発想が。で、航空機にしても性能がいいやつは全部まるいんだよね。あと、マグロとかね カツオとかね はやい、あれからだね。僕の発想はそこからですね。

カヌーはね、誰でもつくれますよ。子供からご年配の方まで。型は私がつくっているのでね、あとは組み立てるだけ。カヌーつくる人は今増えてますね。団塊の世代の方がね、多くやられてますね。

使っている木は杉ですね。西川材。江戸城をつくった西川材ですよ。東京の『木場』ってありますよね。そこに木があつまってたんです、で木場になった。余談ですが。ここらの杉はね、雨多かったんでね、成長いいし、真っすぐな杉が、優秀な杉ができるんですよ。質がとてもいいですよね。

840_7242803.jpg

夢は、世界1週の航海。あと10年以内、70歳までにしたいね。
5年前から船つくって、あとトレーラーを買って、帆をつければいけるんですけどね。

up_7242855.jpg
down_7242855.jpg

今の一番の作品ですよね。この船が。
今までの経験を凝縮してね。
普段と同じように、木でつくってるんです。

もちろん。世界航海は1人でいきますよ。

ハワイまで到着するのに約3ヶ月かな。

up_7242839.jpg
down_7242839.jpg

世界の海には海賊がいるからね。

840_7242866.jpg

★山田さんは少年の純粋に少年のような方でした。世界旅行の出港式にはウラ藝からも応援させていただきたいですね。いくつになっても世界へ向けて夢は広がる!

名栗カヌー工房
理事長・山田直行
http://naguri-canoe.com/

posted by seo at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の達人

2008年07月25日

人生の達人・予告:彫刻家 山田直行氏

840_7242803.jpg
※上記写真クリックで大きくなります。

埼玉県 名栗にある、彫刻家・山田直行氏の カヌー工房を訪れた。
少年のようなワクワク感をいつまでも持ち続けている山田氏。

氏の夢と壮大なロマンを熱く語っていただきました。
『夢』そう、それは昔から男達が憧れてきたもの。
それに5年以内に挑戦する計画だ。

レポートは次週公開!

up_7242839.jpg
down_7242839.jpg

お楽しみに!

posted by seo at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の達人

2008年01月06日

石屋・ 林 千之 (はやし ちゆき)石、そして若者への挑戦

・2011年6月7日(火曜日)林 千之さんがお亡くなりになられました。この取材をさせていただいてからもう3年が経ちました。取材後数回お目にかかりましたが、元気そうに、がんばれよ、といつも励ましの言葉をかけていただいた林さんの顔が思い浮かびます。 林さんの石への挑戦する想いが、次の世代に伝わっていってくれる事を願っています。心よりご冥福をお祈りいたします。 瀬尾泰章

人生の達人/VOL.1

hayashi.jpg
※林氏が制作した画家・奥田元宋氏の記念碑。
広島県立日彰館高校玄関口にて、

石屋暦60年を超える、林千之石材店の 林 千之 氏。
この年80歳を迎える林氏だが、石への挑戦はまだまだ続いている。

『石が一番じゃないかのー』

そう、石への自信を語る。

『石は風化に強い。一度作ったら、やはり何百年と持つんじゃけーのー』

石で作品なんかつくるときでも、一発勝負。

『石で何かをつくることは、やり直しがきかん、
人生のようなもんじゃのー』

『そう、一発勝負じゃ』

その言葉には石へのこだわりを強く感じれるものだった。

ウラハラ藝大があるのは、東京のど真中、若者、流行の街、原宿である。

ここで、若者になにか伝えることができたらと、林氏は考えておられる。

『内装をやったり、キャラクターものを作ったり、
石でもこんな事できるんだーっていう、
なにかのきっかけ作りにならないかなといつも思っている』
と、林氏。

石に立ち向かう、石に対しての『挑戦』を若者に伝えたい。
石を扱う事は『面白い』という事が分かってもらえないか、
そう考えておられる。

『まずは軟石からかものー。削りやすいし、
触ってもらって石に興味を持ってもらえたらええのー。』

僕も石について素直な質問を投げかけてみた。

一番高級な石って何ですか?

『それは香川県産の 庵治石 じゃのー、やっぱり』

『もー全然、ちがうよのー。高級品よのー』

固く、質が良い庵治石は、他の石の数倍、数数倍にも値がはるらしい。

一般的には今、中国産が増えてきているというのも現実。
値段が断然安い、その理由で市場は中国に流れている現実もある。

そして林氏にも一つ気にかかることがある。
それは、後継者不足である。

『今、石を扱える職人さん、後継者がいないんじゃ。』

石に携わる職人がいなくなり、今、日本では『石商売』ばかりだという。
(石を売り買いするだけのところが増えてきているのが現状のようだ)

『正直さみしい』

と林氏。

だからこそ、今、ウラ藝で発信したいことも多いのだ。

250_1051710.jpg

林氏が石屋をはじめたきっかけは、親の後を継いでのことであった。

『なんでも、せにゃーいけん時代だったんよのー。
戦後は仕事がなかったしのー。親父がもともと石屋をやってたから
それを受け継いだんよのー』

林氏の青年時代は第二次世界大戦のまっただ中。
そんななかでも、林氏は父親の背中はしっかりと見ておられたようだ。

林氏のおじいさん、お父さんは、神社の鳥居を作っていた
という記憶があるという。

鳥居を造る事は当時、大きなプロジェクトだったようだ。
大きいものを作ることは『美』とされ、また石屋としての誇りでもあった。

仏像も造っていて、本当に職人としてかっこう良かったと。

その当時は当然、石も手彫りである。
たまに気持ちが入らないときは、ブラブラと街を散歩し
て気を休めたりして、なんかその気持ちを作品に込める意気込みが、

『芸術家よのー』

と林氏は親の仕事ぶりを思い出す。

そういうところに、かっこよさを見つけられた事も事実のようだ。

250_1051754.jpg

この石屋をやっていてやりがいを感じることはというと、

『一家の安心、喜びに報えた時じゃの』

と林氏。

『例えば今は、墓石の需要が多いのじゃが、墓石なんて一家に一つ、
一生に一度買うか買わないかというもの。一家の若い衆と年寄りが相談にきてのー。そう、若者は洋風の墓石がよく、でも年寄りは従来通りの日本の墓がよくてのー。結局は従来通りのものになるんじゃが、一家にひとつの大事な墓を完成させ、おさめたとき、ほっとするよのー』

今年80歳を迎える石屋・林 千之氏の挑戦はまだまだこれからである。

僕はお話を聞いていたときに林氏から何回もでてくる
『石への挑戦』
という言葉がとても気にいった。

挑戦。

そう、若い僕たちが負けてはいられない。


家林千之石材店

本店    (0824)43−2207
バイパス店 (0824)43−2501
FAX    (0824)43−3184
広島県三次市吉舎町吉舎559−2


posted by seo at 22:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 人生の達人