2011年07月14日

岩手山田の”ホタテ参上”、おいしい書道も、御神木に。

MG_8519.jpg

ホタテ参上・カペサンテ和也、火加減をみる。

MG_8502.jpg

実はこのホタテ、正真正銘、岩手県山田町 から届いたものだ。

2DSC01516.jpg
※届いた時の状態。殻付きです。

山田からホタテが届いたとなると黙ってはいられないのが、カペサンテ和也。

バター焼き、塩焼き、そしておさしみと、ホタテの豆知識を喋りながら、おいしくふるまってくれた。

_MG_8509.jpg

こんがり、色づくホタテ。

こぶりながら、肉質はよい。

_MG_8535.jpg

_MG_8532.jpg

おいしいものを味わったらその想いを書くしかない。「おいしい書道」日置恵教授にならい、みんなで ”ホタテ" と書く。

_MG_8534.jpg

MG_8552.jpg

_MG_8567.jpg

カペサンテ和也も手を休め、一筆いれる。

_MG_8574.jpg

(注)カペサンテとは、スペイン語でホタテという意味です。

_MG_8576.jpg

岩手山田産はどうですか?と訪ねると、「うん、いいですね」とクールに返答する、カペサンテ。今後のホタテ業界に何を見つめているだろうか。

三陸のホタテを食す。
このホタテ…ただのホタテではない。
あの大地震、大津波を生き延びて、我々の元に届けられたホタテである。
姿形は小さくとも、津波に流されなかったホタテ。
その生命を頂く事に感謝。


by カペサンテ和也

MG_8527.jpg

_MG_8587.jpg

そして、、、

この日 岩手県山田町の 阿部秋子 さんより、山田産わかめ などの海産物、そして野菜スティックの友 お手製の"ピーマンもろみ味噌" が届いた。

_MG_8489.jpg

_MG_8458.jpg

筆をとる、日置恵教授。

阿部さんの為に書いてくれたのは、

「御神木」 の文字だ。

_MG_8579.jpg

_MG_5142.JPG
※2011.6.1掲載「芽吹くものに」より

MG_8585.jpg

そしてこの文字は先日、岩手県山田町の阿部さんのお宅に届き、

阿部さんから、写メとメッセージをいただいた。

『元気くんも大きくなりました。小谷鳥は緑に包まれ静かに鳥が鳴いてます。あのタンポポは綿毛を飛ばし新しい命のバトンタッチ 胡桃も沢山実を着けてます。』

山田の息吹を感じる事ができる、なんとも嬉しいやりとりです。

P2011_0711_144656.JPG

P2011_0711_144619.JPG

P2011_0711_144749.JPG

P2011_0711_145622.JPG
posted by seo at 09:06| 記事