2010年02月18日

雪かき道場 in 木沢 木沢ワンダーランドへようこそ

_2120812-1.jpg

木沢ワンダーランドへようこそ!と『学雪』雪の博士・諸橋和行教授
今年もやってきました、雪かき道場。2泊3日『木沢ワンダーランド』そんなファンタジックな時間が始まる。

_2131004.jpg

ここ木沢までは、東京から車で約4時間。
新潟県中越地震のときに震度7あった地区だ。今ではその傷後は目にとまることないくらい復旧、復興している。雪がとけると、そこに広がるのは棚田だ。

_2110443.jpg

ここ、木沢ワンダーランドで見る景色。

_2131017.jpg

清々しい空気。

_2131026.jpg

絹のような雪。

_2131000.jpg

肉眼でも十分みえる、雪の結晶。

_2120741.jpg

そして、しんしんと降るやわらかい雪をカラダ全体で感じる日置恵教授の姿。

_2120762.jpg

職人から引き受けた、馬の毛でできた筆がなびく。
こんな白くでっかいキャンバスに、なんて文字をかくかイメージしているのだろうか。雪の中の『書家・日置恵』の姿は絵になる。

_2110427.jpg

そして『雪かき道場』

雪かき師範は、スコップがなびく。
雪かき、雪投げ。

_2110456.jpg

雪のベッドに、かぶりつく。

_2110382.jpg

_2110376.jpg

雪かき師範に、雪かきの仕方習い、

_2110384.jpg

とりゃ!

_2110421.jpg

スコップからスノーダンプにかえて、大物の雪をすくい出す。

_2120650.jpg

地元の方の家に訪問して、雪かき作業の実践。

_2120671.jpg

_2120674.jpg

地元の山々をみながら一杯やるのが毎日の日課だという、木沢のおとうさん。

_2120644.jpg

おとうさんとおかあさん。

_2110484.jpg

こっちは、上村先生と、諸橋教授。

_2110488.jpg

仲良く撮影会。

_2110476.jpg
※諸橋和行教授撮影

毎年お決まりの横一列カット。

_2120845.jpg

『ウ』の彫刻。

_2110467.jpg

作業終了後、みえる景色は、

_2120898.jpg

こんな感じ。

_2120928.jpg

夜には、明かりが点り、

_2120931.jpg

でっかいかまくらで、冬眠中。

_2120944.jpg

日置恵教授は、かまくらで、バレンタインが近かったこともあり、バームクーヘンに、雪かき道場の文字。”道”の はらい あたりが、にくい感じ。

_2120889.jpg

餅つきに、宴会に、温泉に、

_2110560.jpg

カルタ大会に、などなど、思いっきり木沢ワンダーランドを満喫し、

_2131090.jpg

雪かき師範たちに、また来ます。と笑顔で別れた。
来年の雪かき道場が今から待ち遠しい。
ほんとそう思える時間だった。

ありがとう木沢ワンダーランド!

--------------------

NPO法人中越防災フロティア主催
※越後雪かき道場ブログ→http://blog.snow-rescue.net/?day=20100213
posted by seo at 00:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 記事
この記事へのコメント
本当に楽しくて充実した3日間でした。明かりが灯った夜のかまくら、顕微鏡でしか見れないと思っていた雪の結晶のかたち、どれも本当にすばらしかったです。また地元の方々との会話に心が温まりました。行って良かった!地元の方々、スタッフの方々に感謝です!ありがとうございました。
Posted by kayo at 2010年02月20日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35379352
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック