2011年10月28日

芽吹くものに、再び (後半)

芽吹くものに、再び (前半)、より続く

_MG_5210.jpg

多くの人がそうであるように、旅にでると不思議なもので朝はいつも早く起きてしまう。今朝もそうだった。

阿部さん家から歩いて、海辺まで歩く。

漁師の人たちの姿もぽろぽろ見える。
漁師さんは毎朝、海をみにくるのだという。

何か 深い ものがあるのかといろんな想像をしたが、それは昔からの日課だという。海の状態をみるという、漁にでていた時からの日課。

海をみると落ち着くのだという。

_MG_5237.jpg

瓦礫は撤去されて、きれいになりつつある海辺。
それでも、まだあの時の時間がいまでもところどころ残っている。

_MG_5243.jpg

あの時間を知らない、元気くん。
彼は、それでいい。

_MG_5251.jpg

家に戻ると、タナカトウコ教授と阿部さんが朝食の準備をしてくれていた。

いいにおいだ、うれしくなる。

311806_2461979911573_1314471199_2946510_506501352_n.jpg

朝食を食べ終え、山田の海を観にいった。オランダ島。ここの周りの海の色はマリンブルー。以前、レスキュー隊で一緒だった、佐々木さん(沖縄在住)もここの海は沖縄のようだといったくらいだ。

_MG_5314.jpg

311939_2462195876972_1314471199_2946631_412190207_n.jpg
※山田湾を見守る荒神神社

その後、吉里吉里町という町にいった。山田町のお隣さんだ。

_MG_5321.jpg

ここ出身のミュージシャン、ノリシゲさんは震災後、東京から地元に戻ってきた。家族とともに。そして今、全壊した実家の跡地に手作りのバーをオープンさせるため、少しづつ準備をはじめていた(※先日無事にオープンしたばかり)《吉里吉里元気プロジェクト

午後はコンサートの集いに参加してくれる。

_MG_5323.jpg

そして、僕らは漁村センター向かった。

_MG_5335.jpg

ここで少しでも、みんなに楽しんでもらえれば、そういう想いはみな一緒だ。

_MG_5349.jpg

_MG_5354.jpg

_MG_5434.jpg

_MG_5359.jpg

阿部さんも、心待ちにしていた、読み聞かせ。

今回は、はじめて音楽と一緒に語る。

_MG_5386.jpg

_MG_5396.jpg

_MG_5397.jpg

_MG_5431.jpg

吉田ユウスケ&岡 優太郎

_MG_5432.jpg

_MG_5439.jpg

_MG_5468.jpg

_MG_5485.jpg

「歩きましょう」RIA & ノリシゲ

_MG_5497.jpg

_MG_5495.jpg

_MG_5446.jpg

あっという間の時間。春に出会って、秋にまた。

次は、冬に会いましょう、阿部さん。

_MG_5510.jpg

----------

大勢泊めていただきお世話になりました。
秋子さんやご友人がたと飲んだり演じたりを通じて、
人となりと感性に触れた2日間。
津波の体験談から、心あたたまる友情エピソードまで、
想像の翼がまた少し鍛えられたように思います。
ありがとうございました。
秋子さん、また予定たてましょう!

島本直尚
----------

お世話になりましてありがとうございました。
阿部さんの貴重な体験談と読み聞かせ、
心の深いところにしみました。
こっそりと私だけに教えてくださった
阿部さんの作戦も影ながら応援しています!!

タナカトウコ
----------

阿部さんへ
 
阿部さんが明るく地震の事をはなしてくれたおかげで、モヤモヤしていた頭が整理されて力が湧いてきました。本当にありがとうございました。
 
恐ろしく、悲しく、とてつもなく美しい朝の海岸を散歩しながら、ふとここにあるものを使って音を出したいと思い、拾い集めた石は今も大事に使ってます。流木は居間にかざってます。
 
吉田ユウスケ
----------

阿部さん、先日は大変お世話になりました。

始めて山田町に伺い各地を見てまわり
あまりの被害規模の大きさに現実を受け止めきれませんでした。

雑草の力は強く、半年間に景色を変えてしまったようで、
震災直後の風景は想像できず、
もっと早く来るべきだった、という気持と
いや、半年経ってからで良かった、という気持が
自分の中でぐるぐると回ったことが印象的でした。

実際お聞きした津波の体験は生々しかったのですが
なぜか阿部さんの語りだと明るく、
「なんとかなるもんなんだな」と安心すらしたものです。

被災地から遠く離れたところから演奏をしに行って
阿部さんと共演し、すっかりこちらが元気をもらって帰ってきました。
ありがとうございます。

感謝。

岡 優太郎
----------

「偶然」に感謝しています。
出会いと、生きていることに。
「自然」に驚いています。
いろいろなことが変わってしまったけど、
変わらないものがたくさんあることに。
「阿部さん」に伝えたいこと、
一緒に、この時を生きていきましょう。

「煮しめ」ごちそうさまでした☆

富岡克朗
----------
posted by seo at 06:59| 東日本大震災関連

2011年10月21日

Tomorrow's Champion 10.26

_MG_6357.jpg

アンディ・オロゴン選手(平仲) と うすい祐介選手(石川)
彼らが出場する、Tomorrow's Champion が10月26日(水)に、後楽園ホールで行われる。

_MG_6359.jpg

_MG_6360.jpg

_MG_6111.jpg

うすい選手といえば、同じジム(石川ボクシングジム)で汗を流し、うすい祐介選手はじめ、ジムの若手選手を応援し続けている、高田一信教授だ。

試合を目前にむかえ、緊張感漂うジムの中。トレーニングに、スパークリングに熱のはいる選手たち。トレーナー、マネージャーもそれ以上に熱が入る。

余計な事は考えない。無心で一点を見つめる選手たちのまなざしは熱い!

_MG_6247.jpg

_MG_6228.jpg

_MG_6238.jpg

_MG_6236.jpg

_MG_6290.jpg

_MG_6301.jpg

_MG_6299.jpg

_MG_6296.jpg

_MG_6312.jpg

_MG_6329.jpg

_MG_6321.jpg

_MG_6186.jpg

_MG_6225.jpg

_MG_6343.jpg

_MG_6216.jpg

_MG_6206.jpg

_MG_6180.jpg

_MG_6279.jpg

_MG_6217.jpg

_MG_6129.jpg

_MG_6146.jpg

_MG_6346.jpg

明日のチャンピオンを目指して、選手たちの熱気を肌で感じてほしい。

10月26日(水) 18時より
後楽園ホールにて(詳細は、石川ボクシングジム

_MG_6365.jpg

高田一信教授も応援に行きます!
posted by seo at 00:43| 記事

2011年10月15日

縁側トーク第2弾:ヨーガ講師 / セラピスト・小泉恵理さん

中 賢一郎主催『縁側トーク第2弾』は、北海道の十勝を中心に活動するヨーガ講師 / セラピスト・小泉恵理(こいずみ えり)さんです。

恵理さんは元臨床検査技師でありながらヨーガ講師やヒーリングセラピストに転身した、異色の経歴の持ち主。近年は医学とヒーリングセラピーを融合させた独自の体操法「体喜操」の指導も行っています。

今回は、そんな精力的に活動する恵理さんのパワーの源・十勝から、そのエネルギッシュなライフスタイルをお伝えします!

_MG_4392.jpg

【プロフィール】
小泉恵理(こいずみ えり)
北海道帯広市在住。15歳からヨーガを始め、医療系の学校に進学。卒業後に臨床検査技師として14年病院勤務。退職後はヨガなどの体操指導などを経て、2006年に独自の体操法「体喜操」の指導を開始。地元・十勝では新聞社のカルチャーレッスン、スポーツクラブのほか、養護教職員、PTA関連、学生など様々な方を対象に体操指導に当たり、最近では東京でのレッスンも行っている。(HPはこちらhttp://taikisou.com/index.html

<ケンイチロウ>
恵理さんは、元臨床検査技師なんですよね。

<恵理さん>
もともと、人のためになる仕事がしたかったんです。本当は歌手になりたかったけどそうもいかなくて(笑)、高校卒業後は医療系の学校に進みました。それが臨床検査技師の学校だったので、卒業後も帯広の病院に臨床検査技師として就職したんです。

<ケンイチロウ>
臨床検査技師ってどんなことをしていたんですか?

<恵理さん>
尿検査や心電図など、患者さんから採取されるものを機械にかけたり、赤血球や白血球の状態を顕微鏡でチェックしたり。多岐にわたります。

<ケンイチロウ>
そこからヨーガやヒーリングセラピーの道に進んだことには、どんな経緯があったんですか?

<恵理さん>
臨床検査技師って本来は検査室内での業務が主なのですが、たまたま私は患者さんと接することができる部門にいたんです。患者さんたちは、お医者さんや看護婦さんに相談できないような心配事や悩みを話してくれて。それで、患者さんは「まな板の上のコイ」にならざるを得ないんだという病院の現実に気付いたんです。どうして臓器の病巣部を取り除けても、「こころ」の部分は病院では治療できないんだろうと。

<ケンイチロウ>
患者さんにとって病院が不安要素でもあったんですね。

<恵理さん>
新生児からお年寄りまで幅広く接する中で「生ってなんだろう」「死ってなんだろう」と考えるようになって、私自身も苦しくなってしまって。仕事が嫌になったりしたわけではないんですが、患者さんが病院にかかる前の段階へ、自分の仕事の領域を移していきたいなぁと思うようになったんです。

<ケンイチロウ>
なるほど、それが現在の分野に進むきっかけになったんですね。

<恵理さん>
はい。ヨーガ自体は自分の趣味で、15才のころからやっていましたし。

_MG_4059.jpg

_MG_4065.jpg

<ケンイチロウ>
おお、そんなに若いころから!今はヨーガ以外にもいろんなことをされていますよね。独自に「体喜操」っていうものをやっているそうだけど、それはどういうものですか?

<恵理さん>
体喜操は、私の経験と理論を総合して生まれた新しい体操法です。こころとからだで生きている喜びを感じながら、からだの機能を維持し、強い精神力を育て、病気を予防していくんです。臨床検査技師として培った血液学・運動生理学などの医療知識、ヨガなどの東洋医学・思想に基づいた体操の指導経験、そしてヒーリングセラピストとしての経験が活かされています。

<ケンイチロウ>
いろんな経験を持つ恵理さんならではの体操法ですね!

<恵理さん>
14年の病院勤務を経て、今やっている活動もほぼ同じ年月を経ようとしていますが、私の原点と夢はやっぱり医療との関わりなんだな〜と改めて思いますね。人は病気になって初めてからだの大切さに気付くんです。特に女の人はとても役割が多いから、いろんな事に振り回されているうちに自分を見失っていく。

_MG_4199.jpg
然別湖にて

<ケンイチロウ>
そうですよね。忙しさを理由に、からだをケアすることやお金をかけることも、つい我慢してしまう。

<恵理さん>
女性は生理がなくなっていく50歳前後にからだの変化が出てきますが、失われていくものに対してのケアは、大切なことです。自分を大事にすることが他者を大事にすることですから。そういうことをもっとたくさんの方に伝えていきたいので、もっと勉強もしたいし、伝える場も増やしたいなと思っています。

<ケンイチロウ>
そういえば、最近は東京でもレッスンをやっているんですよね。

<恵理さん>
ええ、新聞社の依頼で、東京の購読者の方に向けたレッスンをしています。前回は安眠を得ていただくためのケアについてのレッスンでした。都会へ行くと睡眠環境に電車や車などの騒音があるので、蝕まれていくのをすごく感じますね。あれでは生活のリズムが崩れていくのも、当然だと思います。

_MG_4220.jpg

<ケンイチロウ>
そうですか(笑)。

<恵理さん>
東京で電車に乗っているといつも思うのですが、みんな服も靴もベルトもバッグもかっこいいんだけど、すごくやつれているというか、大変そうっていうか。ものすごく気になりますね。

<ケンイチロウ>
うーん、そうかも。

<恵理さん>
だから本当は、東京より十勝の広大な自然の中でがっつり行うようなプログラムを提供したいですね。からだやこころはもちろん、食から変えられるような。それは医療従事者の方々に向けてもやっていきたいと思っていたことなんです。自分が働いていた時もみんな忙しくて、プロとしてのプライドから誰も口にはしませんが、肉体も精神も疲れ果てているのを感じていましたから。いずれは必要な施設などを建てて、そんな医療従事者の方々のケアができるようになっていけたらいいなと思います。

<ケンイチロウ>
それは素敵な目標ですね。やっぱり患者さんを元気にするには、医療に関わる人間だって心身ともに健康じゃないといけませんよね。恵理さんも毎日忙しいと思いますが、1日をどう過ごしているんですか?

<恵理さん>
そうですね、夜は大体12時くらいには寝て、朝は4時くらいには起きるという生活です。自分のからだを動かすことから始めています。瞑想も1時間くらい。早朝の静寂な時間が大好きなので、家の周りを歩きながら、ゆっくりと登ってくる朝日を堪能します。外で行うヨーガもいいですね。

<ケンイチロウ>
とても健康的ですね!

<恵理さん>
仕事では、週に12,3か所を回ってヨーガのレッスンやセラピーを行っています。十勝管内を車で200km以上移動する日もあるんです。

_MG_3988.jpg

<ケンイチロウ>
セラピーでは、たまに1人の人と5時間くらい向き合っていると聞いてびっくりしました(笑)。

<恵理さん>
時間を目の前にしてやるセラピーは、その中に収めようとしているのであまりやりたくないんです。この「クイック!クイック!」という時代の中で、丁寧に人と向き合うことは大事だと思っています。そうして、仕事を終えて家に帰ると雑務があるし、勉強もあるし、これでも高校生の娘のお弁当を毎日作ったりと家のこともきちんとやっていますから(笑)、ついついからだを酷使することもあります。

_MG_4291.jpg

<ケンイチロウ>
ほんと瞬く間ですよね、1日は。

<恵理さん>
そうですね。だから、自分で行う自分のケアのようなものは、寝る前に30分から1時間やるようにしています。自分でも、日々の時間を切り分けるというのはすごく上手になったと思いますよ。「今世、生ききる!」というのを決めているので、その時その時、瞬間を大事にして生活しているつもりです。

=============

まだまだ話は尽きませんが、北の大地のエネルギーにあふれた恵理さんの話をもっとたくさんの人に聞いていただきたく、座談会を開催することになりました!ぜひ、エネルギッシュな恵理さんのパワーをもらいにきてください。きっと癒しと元気がもらえるはずです!(当日は恵理さんによる小レッスンも!)

=============

『北の大地のセラピストに学ぶ、ワーク・ライフ・バランス』

縁側ゲスト:ヨーガ講師 / セラピスト・小泉恵理さん

日時: 11月3日(木曜日)13時〜15時30分(2時間半)
場所: ウラハラ藝大(日本橋)
参加費:2500円(北海道のおみやげ付き)
定員: 10名(※事前予約が必要です)

※質問も大歓迎!!

=============

参加をご希望の方は、

bt_apply.jpg

より、お申し込みください。

お待ちしております。
posted by seo at 05:12| 記事

2011年10月08日

芽吹くものに、再び (前半)

_MG_4878.jpg

約半年ぶりに岩手県山田の阿部秋子さんを訪ねた。

出迎えてくれたのは、元気くん。もう、ずいぶん大きくなったもんだ。

_MG_4882.jpg

大きくなったのは、御神木も同じ。

半年前は裸木だったのに、今は見事に緑にすっぽりと被われている。

_MG_5142.JPG
※半年前、5月初旬写真

僕らが阿部さん宅に到着したのはお昼ころ。
昼食を食べながら、阿部さんは再度震災時の話、そして今現在の話をしてくれた。

_MG_4959.jpg

_MG_4930.jpg

現在、阿部さん家族は、自宅から近くの仮設住宅に暮らしている。
4畳2間にキッチンとバストイレ付き。

今までの一軒家暮らしから考えると、余裕のある広さではない。

阿部さん家族は一階部分はなくなったが、かろうじて助かったこの家があり、荷物はここに置く事ができるだが、家のない人たちは、荷物にあふれ、それこそ閉塞感の中で生活している。隙間数センチという場所に何をどう収納するか、といった感じだ。

阿部さんの旦那さんは大工さん。今自ら少しずつではあるが、家を修復、建てなおしている。今年中にこちらにまた帰ってこれるよう予定しているのだという。

_MG_4964.jpg

震災時の様子を再度聞く。何度も。

日がたっても変わらぬ過去の事実。
それが現実。

_MG_4967.jpg

_MG_4968.jpg

_MG_4984.jpg

しかしこれも今の嬉しい現実。

塩害にも負けず、ピーマンなど野菜が豊作だ。自然は強い、命あるものは強い。阿部さんは、命あるものが元気に育っていくのをみると、元気や勇気をもらえるという。

_MG_4980.jpg

今回は、「ベジ*タベル・ラボ」のタナカトウコ教授も一緒だ。

_MG_5021.jpg

_MG_5014.jpg

震災前、震災直後、そして今の畑の現状を教えてくれる阿部さん。



カゴにいっぱい、詰め込んで、今晩のおかずにしましょう。

_MG_5068.jpg

_MG_5075.jpg

阿部さんの親友である、語り部しょーこさんも到着。今晩の宴会で、読み聞かせをしてくれるという。

_MG_5082.jpg

_MG_5098.jpg

_MG_5136.jpg

_MG_5169.jpg

宴会はじまり、「モチモチの木」を読み聞かせてくれる、しょーこさん。その語り口は、外から聞こえてくる虫たちの鳴き声と同調し、心地よかった。

_MG_5175.jpg

ギターを披露してくれる、

_MG_5185.jpg

地元の主婦、直美さん。

褒めると、”いや、私はただの主婦ですから” と、決まって何度も答える直美さんが、なんかいい。そして阿部さんと打ち合わせ。

_MG_5183.jpg

それは、翌日、こんな手作りコンサートをするからです。

yamada_live.jpg
※クリックで大きくなります。design by 富岡克朗

では最後に、今回の岩手山田行きメンバーの紹介をしておきましょう。

2011-09-23 08.55.56.jpg

左から、吉田ユウスケさん(didjeridoo)タナカトウコ教授(ベジ*タベル・ラボ)島本直尚(ウラハラ藝大校長)岡優太郎さん(guitar)、そして、富岡克朗さん(graphic designer)

芽吹くものに、再び (後半)につづく。
posted by seo at 06:22| 東日本大震災関連

2011年10月01日

東京・日本橋に引っ越しました!

_MG_7326.JPG

ウラハラ藝大アトリエは、東京・裏原宿のアトリエから、メインアトリエを 東京・日本橋 に引っ越しました!

出演:
THE短歌GIRLS:武井れい(短歌の会)、日置恵(おいしい書道)& 通りすがりの江戸っ子

ロケーション:
日本橋にて

MG_3074.jpg

日本橋アトリエの様子。
posted by seo at 11:05| 記事