2010年02月25日

ミスター江戸野菜に会うの巻

_2020257.jpg

ミスター江戸野菜こと、大塚好雄さん(マルダイ大塚好雄商店代表)はいう。

『江戸野菜を語るには1日、2日じゃ終わんないよ〜』

江戸っ子八百屋、大塚さんの第一声だ。

_2020259.jpg

今回は、ベジタベルラボのタナカトウコ教授と、品川宿のカフェで大塚さんにお話をうかがった。

大塚さんは品川で、江戸の伝統野菜である『品川かぶ』を復活させ、『品川かぶ』をはじめとする『江戸野菜』を広めようとしている八百屋さんである。

_2020265.jpg

大塚さんが『品川かぶ』に出会ったのは約5年前、むかし地元に『品川かぶ』という名のかぶがあったという情報を耳にし、そこから『品川かぶ』そして『江戸野菜』とは何ぞや?という事を自分自身のテーマに活動を続けてきた。

気になったらとことん調べるようで、様々な江戸時代の文献など調べ、とにかく地元品川を、そしてそれに関わる歴史を勉強してきたのだ。だから、簡単には『江戸野菜』を語れないよ、って事なんだろう。

_2020275.jpg

大塚さん、現在では、『品川かぶ』の栽培にも積極的に関わりながら、『品川かぶ』をメインとした『江戸野菜』の普及活動の原動力となり、ガンバっておられるのだ。そ して、もちろん商品開発も。おまんじゅうや、ケーキ、餃子などにも品川かぶを持ち入り、プロディースにも挑戦している。

『品川に農園を!』そんな夢が、大塚さんにあるのだ。
その夢の実現こそ、本当の意味で『品川かぶ』そしては『江戸野菜』が復活したといえるのかもしれない。

_2020269.jpg

さて、江戸野菜とはなんぞや?ここで、タナカトウコ教授のベジラボ講座...

『簡単にいうと、東京に伝わる「伝統野菜」のことをいいます。

伝統野菜とは、その土地で古くから作られてきたもので、
長い年月のなかで採種を繰り返すうちに、
その地の気候風土にあうように進化して確立していった野菜。

形の整った野菜の大量生産が求められる時代になって、
形が揃いにくく手間がかかる自家採取でつくられる「伝統野菜」は、
次第に生産されなくなっていきました。

しかし、地産地消や地域環境への意識が高まってきた近年、
「伝統野菜」復活への動きが、全国各地で活発になってきました。
『京野菜』や『加賀野菜』と聞けば、ピンとくる方も多いでしょう。

ここ東京でも『江戸東京野菜』として、
馬込三寸人参、滝野川ごぼう、伝統小松菜、新宿一本葱(千住葱)、
亀戸大根、練馬大根、大蔵大根、馬込半白きゅうり、東京うど、
しんとり菜、のらぼう菜、金町小かぶ、品川かぶ(東京長かぶ)等々、
伝統野菜の生産が増えてきています。

伝統野菜の復活の影には、
熱い思いをもってご尽力された方々が数多くいらっしゃいます。
たくさんのひとの思いがこめられた野菜には、
旨み以外の美味しさもギュっとつまっているのではと思います。』

_2141145.jpg

この時期の『品川かぶ』はちょっと細身なんだよな〜、と大塚さん。
もっとしっかりしたものを写真におさめてほしかったようだった。

『江戸野菜』は1日、2日じゃ語れないから. . . 長い期間で『江戸野菜』の活躍に注目したい。江戸野菜がたわわに実る秋に、畑見学を企画しましょう!と、タナカ教授とミスター江戸野菜・大塚さんは盛り上がっていました。収穫の秋が楽しみですね。

_2020246.jpg

☆番外記事。お話を伺っている時に登場したのが、平井松三さん 79歳。
未だ現役、品川浦、最後の漁師である。で、もちろん大塚さんのお店の常連客。地元ならでは、お気にいりのカフェでコーヒータイムである。野菜と魚、江戸前が2人そろった。

------------------------------------------

さてさて野菜好きの皆さんへ、次回のベジタベル*ラボは、

『レンコン*タベルParty!』

●日 時:3/13(土)13時〜16時頃。

●テーマ:「レンコン。上から下まで、まるごと食べる」

●内 容
 *レンコンの素性を知ろう。
 *薬膳からみたレンコンのこと。
 *さくっorもちっ。調理法による違いを感じてみよう。
 *蓮根、芽蓮、蓮の実、蓮の葉をつかったレシピ紹介。

蓮の実の芯が、漢方生薬としても活用されている蓮根。
れんこんに関することから、カンタンレシピ紹介まで、
農家さんから直送の掘りたて蓮根と珍しい芽蓮、
薬膳食材の蓮の実や蓮の葉など、
上から下までまるごと食べて楽しみますよ〜♪

posted by seo at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事

2010年02月18日

雪かき道場 in 木沢 木沢ワンダーランドへようこそ

_2120812-1.jpg

木沢ワンダーランドへようこそ!と『学雪』雪の博士・諸橋和行教授
今年もやってきました、雪かき道場。2泊3日『木沢ワンダーランド』そんなファンタジックな時間が始まる。

_2131004.jpg

ここ木沢までは、東京から車で約4時間。
新潟県中越地震のときに震度7あった地区だ。今ではその傷後は目にとまることないくらい復旧、復興している。雪がとけると、そこに広がるのは棚田だ。

_2110443.jpg

ここ、木沢ワンダーランドで見る景色。

_2131017.jpg

清々しい空気。

_2131026.jpg

絹のような雪。

_2131000.jpg

肉眼でも十分みえる、雪の結晶。

_2120741.jpg

そして、しんしんと降るやわらかい雪をカラダ全体で感じる日置恵教授の姿。

_2120762.jpg

職人から引き受けた、馬の毛でできた筆がなびく。
こんな白くでっかいキャンバスに、なんて文字をかくかイメージしているのだろうか。雪の中の『書家・日置恵』の姿は絵になる。

_2110427.jpg

そして『雪かき道場』

雪かき師範は、スコップがなびく。
雪かき、雪投げ。

_2110456.jpg

雪のベッドに、かぶりつく。

_2110382.jpg

_2110376.jpg

雪かき師範に、雪かきの仕方習い、

_2110384.jpg

とりゃ!

_2110421.jpg

スコップからスノーダンプにかえて、大物の雪をすくい出す。

_2120650.jpg

地元の方の家に訪問して、雪かき作業の実践。

_2120671.jpg

_2120674.jpg

地元の山々をみながら一杯やるのが毎日の日課だという、木沢のおとうさん。

_2120644.jpg

おとうさんとおかあさん。

_2110484.jpg

こっちは、上村先生と、諸橋教授。

_2110488.jpg

仲良く撮影会。

_2110476.jpg
※諸橋和行教授撮影

毎年お決まりの横一列カット。

_2120845.jpg

『ウ』の彫刻。

_2110467.jpg

作業終了後、みえる景色は、

_2120898.jpg

こんな感じ。

_2120928.jpg

夜には、明かりが点り、

_2120931.jpg

でっかいかまくらで、冬眠中。

_2120944.jpg

日置恵教授は、かまくらで、バレンタインが近かったこともあり、バームクーヘンに、雪かき道場の文字。”道”の はらい あたりが、にくい感じ。

_2120889.jpg

餅つきに、宴会に、温泉に、

_2110560.jpg

カルタ大会に、などなど、思いっきり木沢ワンダーランドを満喫し、

_2131090.jpg

雪かき師範たちに、また来ます。と笑顔で別れた。
来年の雪かき道場が今から待ち遠しい。
ほんとそう思える時間だった。

ありがとう木沢ワンダーランド!

--------------------

NPO法人中越防災フロティア主催
※越後雪かき道場ブログ→http://blog.snow-rescue.net/?day=20100213
posted by seo at 00:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 記事

2010年02月08日

おいしい書道・おいしい肉まんはいりました

_MG_1111.jpg

おいしい書道、今回のテーマは『肉まん』
味わい、イメージして、書す。

_MG_1117.jpg

肉...

と、その前に、

_MG_1105.jpg

もちろん、肉まんを味わう前に、練習は怠らず。
『一』をはじめ、とめ、はね の基本を習います。

_MG_1101.jpg

_MG_1089.jpg

日置恵教授、楷書で基本のお手本を。

_MG_1114.jpg

肉。こっからは、感じたままに。

_MG_1183.jpg

本番!

_MG_1170.jpg

味わい、イメージして、

_MG_1175.jpg

感じて、感じて、

_MG_1187.jpg

書す。

_MG_1189.jpg

肉がっつり肉まんだったのでしょう。

_MG_1179.jpg

他生徒さんの作品も、こんな肉たっぷり肉まん。

_MG_1180.jpg

肉が皮に包まれているっていうこんな表現も。

食べた後にすぐに横になりたいっていう願望にも見えますね。

_MG_1192.jpg

おいしい書道・おいしい肉まんがいっぱいはいりました。

_MG_1094.jpg

次回もおたのしみに!
posted by seo at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事